PACS更新、PACSの戦略的活用でクリニック経営の問題・課題を解決医院・クリニックPACSコンサルティング

資料請求・お問い合わせTEL:03-3547-3111受付:10:00~18:00(土日祝除く)

24時間ご相談受付

理想のクリニック。患者さんも、スタッフも、院長も幸せになれる!理想のクリニックづくり
PACS Solutions for Medical Clinic PACSでクリニック経営の課題を解決!クリニック経営の見えない壁をPACS Solutionsで突破する

ドクターの医療実務のためではなく、
患者満足度向上のためのPACSへ。

PACSモニター従来は、ドクターがあらゆる検査情報を統合的に保管管理し、より的確な診療を実現するためのドクターサポートシステムとして捉えられていました。

その活用は、あくまでドクターの医療行為のサポートであり、ドクターサイドのためのシステムに留まっていたといっても過言ではありません。

PACS Solutionsのテーマは、このPACSを患者満足度向上をはじめ、クリニックのさまざまな問題・課題解決のために戦略的に活用すること。

クリニックのドクター1人体制を補完しながら、患者満足を極限まで高める“患者ファースト” な診療を実現。

診療効率診療クオリティの高次元な両立をかなえながら、患者サイドの不安や負担を最小限に。

さらに、担当者としてスタッフを起用することで、スタッフのモチベーションアップにも貢献。

単なるドクターの補佐役から、医療のスペシャリストのひとりの看護師、看護助手としてPACSを操ることでのやる気やりがいアップにもつながります。

医療画像情報のすべてを統合管理する
PACS
(Picture Archiving and Communication Systems)

医療画像情報システム

PACSは、患者さんの診断のための各種検査画像をはじめ医療関係画像を効率的に記録・保存し、参照・活用するための画像情報システムの略称です。内視鏡、エコー、眼底等、フィルムを使用していない静止・動画画像についても一元管理でき、あらゆる検査情報をさまざまな端末で瞬時に表示できる画像システムです。

<関連用語>
DICOM
(Digital Imaging and Communications in Medicine)

医用デジタル画像の保存や通信に関する世界標準規格、DICOM(ダイコム)。
AOR(北米放射線学会)とNEMA(米国電気工業会)が開発し、1985年に最初の規格を制定。1993年に承認された新しい規格がDICOM と名付けられました。さまざまな画像診断機器の医用画像をPACSで 相互に利用するための画像と通信の標準規格として採用されています。DICOMでは、CTやMRI、CR等 で撮影した医用画像のフォーマットと、それらを扱う医用画像機器間の通信プロトコルを定義。DICOM規格に準じたマシン同士の画像データを利用できます。データには、患者情報や検査状況の情報などのヘッダー情報と画像データ本体とが含まれていて、CTやMRI、内視鏡や超音波等といった診療で用いられるさまざまな医用画像のPACSによる相互活用を可能にしています。

メインメニュー

理想のクリニック。患者さんも、スタッフも、院長も幸せになれる!理想のクリニックづくり

クリニック経営のためのきょうのヒント

  • 2018/02/24(土)
    電話番号は語呂合わせで New!
    インターネットでの予約が一般的になってきましたが、やはり電話は欠かせない連絡ツール。せっかくなら電話番号は覚えやすく、記憶しやすい語呂合わせを活用しましょう。たとえば3387は「耳・鼻」で耳鼻咽喉科クリニックの電話番号には最適です。まったく関係ない番号にするより、数倍の集客効果も発揮してくれます。

>> 以前の記事を読む

- Powered by PHP工房 -

このサイトを運営する株式会社カイケツについて

相談相手が見つけにくいクリニックの院長・ドクターの“お悩み” を解決。 患者さんも、スタッフも、院長も幸せになれるクリニックづくりをPACS Solutions でサポートするクリニックの問題解決パートナーです。